お酒の席に関するセミナー

20171129

実はこの日、クローズドで【知らないと損する!?飲みテク!】というタイトルでセミナーをしました。

ネットを見ていると、飲み会は古い習慣だとか、飲み会は仕事だから残業代を出せとか、家でYouTube見ている方がマシだとか、黒ずくめの男からすると非常にもったいない内容が時々見受けられる。たしかに、飲み方を教えていない大人側にも問題があると考えていて、ならばそういう機会を設けてしまえば良いということで、黒ずくめの男は、副社長の社長に助っ人をお願いしてセミナーを開催することに至った。

参加者は若手中心に35名、皆さんに好きなお酒を持ってきてもらい、セミナー中に飲んでもらう形式です。

セミナーの内容は、お店選びやお店の入り方、座る位置、お酌、乾杯、食事、気配り、締め、翌日に気をつけることなどの基本的なことを網羅した上で、ゴールとしては【飲みの席が楽しみになること】を目指し、黒ずくめの男と副社長の社長の失敗談、気を付けていることなどを踏まえて、皆さんとインタラクティブにセミナーを進行しました。

セミナーが始まり簡単な自己紹介の後、早速みんなで乾杯をする。ワインや日本酒をまるまる1本持ってきている猛者もちらほら。黒ずくめの男と副社長の社長も、お互いに酒をつぎ合い、セミナー序盤で大瓶のビールが2本空き、黒ずくめの男は参加者のワインに手を出す有様。

副社長の社長は、過去に不動産と保険の営業にて、所属部内で営業成績トップの男です。様々な所作、状況判断にさすがに優れていて、黒ずくめの男が横で聞いていても勉強になることばかり、お話も非常に上手です。参加者から次々に出てくる質問にも、素早く的確に回答し、皆さん深く頷かれていました。副社長の社長には、一緒にセミナーに出ていただけて本当に良かったです。(助かった…)

黒ずくめの男は、ちょっとおふざけ担当な部分もあり、セミナー中にイッキ飲みをしたり、セミナー終盤でのNG集というコーナーでは【飲み会中に殴り合いをしない】という冗談のスライドを表示して、突然に副社長の社長のお腹をバンバン殴ったりしました。ドン引きされる覚悟でスライドを設計していたのですが、仕込んだネタはほぼ100%ウケまして、あっという間にセミナー終了の時間がやってきました。

90分しっかり情報を詰め込んだのですが、まとめると非常にシンプルで、飲み会でのコツとは何か?それは【喜ばれることを研究すること】です。

飲みの場で喜ばれることを研究し実践すれば、飲みの場以外での喜ばれることに活かせる。だから早速実践しよう!ということで、セミナー後は大阪北浜のクントコロマンサに10名ほどで向かって、セミナーで学んだことを意識して行動する。みんなとっても楽しそうで、どんどんお酒が進んでいく。

セミナーではNGとして紹介した【殴り合い】が、いつの間にやら、やっぱり始まってしまうのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です