2017年:仕事について思うこと

20171211

黒ずくめの男は、会社設立からしばらくの間、ずっと売上を追い求めていた時期がありました。

人と会うなら、どうすればビジネスになるのか考えないといけない。飲みに行くなら、ちゃんとビジネスになるようにお話を持っていかないといけない。それは間違いではなく、正しい活動なのだという認識もあります。ですが、じわじわと、特にこの1年間は急激に違う姿勢に変わりました。

まず、売上を追うのではなく、既にお取引やサービスの契約をさせてもらっている企業様に、どうすればさらに喜んでもらえるか、サービスの効果が最大化するか、よりたくさんの方のハッピーにつながるか。素直な自分の考えを信じることで、自然とそちらばかりに意識と行動が向かうようになりました。

変われたきっかけはいくつかあって、いろいろ会社経費を見直しさせてもらった結果、直近の売上に対して血眼になって追うという精神的な負荷が下がったこと。ビジネスが出来そうな方としか会わないというスタンスを開放して、ビジネスに関係なくどんな方とも楽しくお話をするようになって、様々な価値観や気付きを得られて、いろんな方と一緒に喜べることが増えたこと。それによって何かに対して憤りを感じることも極端に減りました。

今、書いていて思ったのですが、強度の高いストレスが長期間あるのは、誰にとっても良くない。健康に悪い。黒ずくめの男は、身体の内部は頑丈じゃないところがあって、ストレスが続くと大腸炎出血になるし、腰は痛くなる、お酒飲まないと眠れないし、泥酔して家に帰ると怒ったり泣いたり、コンクリートの壁や地面を素手で殴って骨折する、いいことがありません。

まずは自分に余裕が必要で、その余裕の中で自分と他者が喜べることを探求する。それを日々楽しみながらクルクルと繰り返す。その積み重ねが自分も他者にも喜んでもらえる存在になるための道。結果、以前のように血眼にならなくても、一つ一つ楽しみながら物事を大切にすることで、喜んでもらえる大きさが増えた実感もありますし、お仕事のご相談も以前に増していただけるようになりました。

来年は益々喜んでもらえる存在になれるように、自分を高めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です