笑ってはいけないゲーム

黒ずくめの男がハマっている、お酒の席での遊びがある。

●笑ってはいけないゲーム

▼楽しむための条件
・4人以上8人未満を推奨
・話したい話題が完了していること
・酔っ払っていること(必須ではない)

▼やり方
1.最初は誰かがスタートと言う
2.そこからは誰も笑ってはいけない
3.最初に笑ってしまった人が、ショットグラスでイッキ飲み
4.ショットグラスにお酒を入れる
5.イッキ飲みした人が、好きなタイミングでスタートと言う
※2〜5を繰り返す
※最初の1人が笑ったら他の方は笑ってOK、イッキは最初に笑った人だけ
※笑ったかどうかの判定は、その場の空気でみんなで判定
※イッキの時のコールはお好みのコールで

▼オプション
ボディガード:イッキを代わりに飲んであげる、ただし連続は不可
ナイト:飲めない人が参加している場合、飲めない人が笑った時のお酒は指定されたナイトが代わりに飲む

▼ワード
「自爆」:笑わそうとした本人が笑ってしまうこと
「ゾーンに入ってる」:ツボに入ってしまってゲラになってしまっている状態
「ゾーンを移す」:ツボに入っている人と見つめ合うことで、ゾーンが移る時がある
「ゾーンから抜ける」:ゲラな状態から回復すること
「ゾンビ」ゲームから離脱した、笑ってもイッキする必要がない危険な人物

ルールはシンプルに笑ってはいけないを推奨します。英語やカタカナ言葉を使わない、30秒黙ってはいけない、グラスを持つ手は左など、いろいろルールを追加できるようなのですが、それをやってしまうとお互いの判定が難しくなり「笑い」に集中できなくなってしまい、深い笑いを感じることができないためです。

このゲームを通して、得られることがあります。それは何かというと「こんなに笑いをこらえる事が難しいということは、人間ってこんなに笑える事や状況が普段からたくさんあるんだ、幸せやん」ということに気付けます。笑いを我慢しても楽しい、笑ってしまった時も楽しい。みんなで喜べます。

注意点は、お酒を飲み過ぎてしまうことです。お気を付けて。皆様、良いお年をお迎え下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です