戦友からの相談

20171120

黒ずくめの男は、大阪で戦友と食事をした。8年程前に同じ会社で頑張っていた仲間です。2人は同じようなタイミングで独立し、今は同業としてIT活用を世の中に広めている。戦友は「IT顧問」として、黒ずくめの男は「IT参謀」として。

2人とも独立したばかりの頃は大変苦労した。会社をやったことが無いことと、誰も自分のことを知らないのと、社内のIT活用というのはよくわからないイメージがあること。貯金をどんどん溶かし、底が尽きるんじゃないかと焦りながら、毎日をなんとか過ごし会社を継続させてきた。今ではお互いに本なども出版し、IT活用で多くの企業と人に貢献させてもらうことが出来ている。益々これから力を付けていきたい。

戦友は、黒ずくめの男に相談をする。
「来年の春にITに関する協会を立ち上げるので、黒ずくめの男の力を借りたい、大阪でいろんなカテゴリーのIT技術者とのパイプを取りまとめて欲しい。協会からの仕事をそのパイプに流し込めるようにしたいんだ。」
要するに、ITの協会で仕事が発生する流れを作るので、大阪の受注先を上手に作って欲しいという相談でした。それは逆にやらせて欲しいくらいだと黒ずくめの男は快諾する。

IT業というのは、サービス業にホテル・外食・理容・旅行・ブライダル・清掃などがあるように種類が様々存在します。IT業には、WEB制作・システム開発・コンサルティング・ハードウェアなど、職種になると更に細かく分類されていきます。その様々な職種の方と黒ずくめの男はつながっているため、戦友もそれを知っていて相談をしてくれたのだと思います。

来年が楽しみです。様々な企業と人の役に立っていきます。

大先輩と食事

20171116

福岡で有名なWEBマーケティング会社の会長さん(K田さん)と飲み会。以前、K田さんと4名で食事をご一緒させてもらった時、K田さんは「今日は、僕の奢りだからジャンジャン飲んでね!」ということで、みんなでジャンジャン飲んだのですが、そのお店はカードが使えず、カードで支払おうとしたK田さんは現金を持っていなかったため、黒ずくめの男が費用を立て替えたことがあり、そのお返しで飲みに行こうということで開催されたのが、今回の飲み会でした。K田さんの秘書Hさんもご一緒でした。

三軒茶屋のとある小料理屋で集合した時には、すでにお互いアルコールが入っている状態でした。K田さんは、その日4件のコンサルティングを実施していて、全て重い内容だったので疲れが溜まっていると冒頭で話していたのですが、アルコールが進むにつれてどんどん元気を取り戻し、たくさんお話をしてくださいました。

会話の内容は、海外の信仰に対する意識の高さについて、ビジネスを広げるためには地位も必要ということについて、好奇心が原動力になっていることについて、K田さんと黒ずくめの男は、出会った初日に殴り合いをしたことなど。

楽しくお話ししていると、いつの間にか始めてしまうのが殴り合いです。普通に考えて、K田さんを殴ったりしたら絶対ダメだと思います。でもやってしまう。K田さんも「よし!次こいっ!」「痛いっ!」「よし!次だ!」「いてぇ〜!」なんだか楽しそう。ヒートアップしてお店の外に出て、今度はスパーリングを開始した。通行人が来たらピタッと止める、通行人が去ったらスパーリング、通行人が来たらストップ、去ったらスパーリングを繰り返し、しまいには、秘書Hさんも黒ずくめの男とスパーリングをやってしまう。秘書Hさん、戦いのセンス良かったです、鍛えたら化ける。

いつものエクササイズも一通りクリアしたところで、もう一軒行こう!ということになりBARに移動、テキーラやウィスキーをガバガバ飲んで大笑いしながら一日が完了した。

K田さんとは、ビジネスをご一緒できるはずなので、近い内に考えて提案させていただきます。

副社長の食事会

20171113

いろんな会社の副社長の役割をしている社長からのお誘いで、食事会に参加させてもらいました。

参加者は、副社長の社長、飲食コンサルの社長、内装工事の社長、WEBマーケの社長、銀行員の男性、黒ずくめの男の6名でした。副社長の社長が、会の挨拶と完璧な他己紹介をしてくれたのと、丁度良い人数なのとで、場は一気に盛り上がりました。

飲食コンサルの社長は、凄腕で物凄い経験値が高く仕事の話が非常に面白い、先の事が良く見えていて、お金に関する知識も深い。IT・組織に関する未来の話は、黒ずくめの男とも話の馬があって楽しいディスカッションとなった。

内装工事の社長は、ボクシングをやっていたので、日曜日の運動に参加してくださるということです。一緒に体を動かせるのはとっても楽しいです。

銀行員の男性は、とてもここで書けない裏話や裏事情、行き先がマズイ業界のことなどを教えてくれました。人間怖い。

他にも様々なお話をしました。これからの技術の向上、ロボット、AI、少子高齢化、建物の劣化、無くなる職業、逆に貴重になる職業は、コンサルティングやおもてなしではないか、攻めるなら変なプライドを持たずに熱くマーケットインに徹することなどなど、真剣だったり冗談だったり語り合いました。

30代、40代の元気な方ばかりでワイワイしたので、一次会で終わる訳がなく、おっちゃん達で仲良く北新地の夜に消えていきました。

皆さんとは、改めてお会いする約束をさせていただきました。

元インターン生

20171112

神社ツアーの後、黒ずくめの男は大阪福島の鳥と豚を焼くお店に直行した。黒ずくめの男の会社「株式会社グッドマネジメント総合研究所」で4年前にインターンに来てくれていた2人と会うためです。

1人はインターンの後、大手企業に入社し僅か1年で退職、そしてすぐに教育事業で起業。子供塾を運営していて、プログラミングや英語、リアルな社会などを学ばせている。今ではテレビでも放送されるくらい注目され、事業も順調に成長しているということです。教育事業の男性。

もう1人はインターンの後、大手人材系企業に入社し3年目としてバリバリ働き、日夜転職希望者の相談に乗りまくり、ダメな大人をたくさん見てきた、もうすぐ結婚の女性。

2人ともインターンをやって良かった。実際に就職してからも「株式会社グッドマネジメント総合研究所」で学んだことは様々な場面で活きた。と口を揃えて言ってくれたので、黒ずくめの男はとても喜んだ。

教育事業の男性は、僅か1年で退職することを全員から反対されたそうです。ですが、今は事業を軌道に乗せて休み無く走り続けている非常に熱い男。教育事業の男性の話を聞いていると熱量を感じる。そうだなと思った。この熱量と行動力が無いと起業なんて絶対に無理だなと。本当に誇らしく思うし、応援できることは応援したい。

結局、教育事業の男性とも、もうすぐ結婚の女性とも、お決まりの殴り合いを実施して、また会おう!ということで日が変わる前に解散した。(黒ずくめの男の記憶は曖昧だが、殴り合いはインターンの頃も実施されていたそう)

翌日、教育事業の男性から「またパンチください」とメッセージが来た。さすがだと思った。教育事業の男性には、出版で役に立てそうなので、いつか提案してみよう。

コラボレーションを鍛える

20171110

黒ずくめの男は、業務改善のプロフェッショナルの渡辺直樹さんを、提携先の企業に紹介する打ち合わせを済ませた後、顧問の杉浦佳浩さんとカフェで打ち合わせをする。ある企業がサービスのアイデアを募集しているということで、自社他社問わず8つのアイデアをその場でお伝えしたり、出版に関するアイデアを杉浦さんからいただいた。打ち合わせの後半に自分や他人の価値観を見える化するカードをいただいた。

出版に関するアイデアは非常に面白く、黒ずくめの男の出版ではなく、黒ずくめの男の会社「株式会社グッドマネジメント総合研究所」を小さな出版社にして、プロフェッショナルパートナーの皆様1人1人を取材し、高度なスキルの教科書を作るというものです。詳しくは書けないのですが、パーフェクトに三方良しの形なので実現できるように動いていきます。

自分や他人の価値観を見える化するカードは、よく出来たカードで、自分の欲求の順番にカードを並べるだけで、何を得たいのか、何を避けたいのかという価値観が見える化する。いつ使っても面白いですが、知り合いとお酒の席とかで実施するととっても楽しそうです。早速、明日にでもやってみることにします。

夜は、昨日に続き、多角経営の社長とお仕事のコラボレーションが出来ないか早速模索しましょう!ということで食事にいく。何かアイデアを考えてから行けば良かったのに、丸腰で行ったので仕事の模索は出来ないまま、お酒がガンガン入り経営談義に花が咲きすぎて、二軒目へ。

二軒目は、北浜にある「クントコロマンサ」という不思議で大好きなお店。オーナーが2人いて、1人が版画家で1人が音楽家。芸術の塊のようなお店で、ここでしか味わえない雰囲気がある。暖簾をくぐって2階に上がりガラス戸を開けるとお店に入れるのだが、はじめての方は異空間に迷い込むような圧を感じると思う。

クントコロマンサで、ウィスキーのストレートとチャイサー代わりのハイボールを、黒ずくめの男と多角経営の社長は5セットずつ飲み、多角経営の社長は嫌がっていたが、黒ずくめの男は殴り合いを強制発動させる。黒ずくめの男は友情のしるしとして、お互いの腹を殴り合う儀式を頻繁に行う。かなり迷惑だと思うが、楽しく儀式を共にできる相手とは、いつの間にか儀式が始まることになり、なんだかんだ言ってお互いスッとする。(たぶん…)

殴り合いが終わる頃、音楽家のオーナーがお店に帰ってくる。そこからは音楽家のオーナーと多角経営の社長とのギターセッションがスタートする。そうやって楽しい1日が完了していく。

渡辺直樹さんのお仕事も、杉浦佳浩さんにいただいた出版に関するアイデアも、多角経営の社長との今後のコラボレーションも全部動かしていきます。

トレーニングジムの飲み会

20171108

黒ずくめの男は、とあるスポーツジムで、パーソナルトレーナーに付いていただいているのですが、そのジムのオーナーの空手家と、ジムでの仲間である、腹筋硬すぎる鉄人と、レーサーの男性の4人で食事にいきました。

会の目的は、一度も飲みに行ったことないから是非行きましょう!という軽いノリだったのですが、さすがジムでゴリゴリに体を鍛えているメンバーオンリーなので、話もゴリゴリ系。パンチをする時は、牽制のジャブを打つと相手に距離感を把握されてしまうから、喧嘩なら牽制など必要ない、いきなり決めにいった方が良いとか、奥さんとの家での喧嘩の話など(詳しく書けない…)しまいには、盛り上がりすぎて、黒ずくめの男と腹筋硬すぎる鉄人との殴り合いが始まってしまう有様。

ジムオーナーの空手家、腹筋硬すぎる鉄人、レーサーの男性は、早朝のビジネス勉強会に出席されていて、同じチームということで、とても楽しく勉強をされていて、その勉強会の仲間内でビジネスにもなっているそうです。黒ずくめの男も一度遊びにこないか?とお誘いを受け、喜んで参加させてもらうことになりました。

せっかくなので勉強会の他の参加者をドン引きさせようという話になり、黒ずくめの男が壇上で、はじめましての挨拶をさせてもらう時に、腹筋硬すぎる鉄人が突如現れて黒ずくめの男と3発ずつ腹を殴り合って、乾いた音を響かせた後、何事も無かったかのように挨拶に移るという寸劇を実行することになりました。ウケるかどうかはさて置き、間違いなく印象に残ると思います。せっかくなので、新たなビジネスパートナーがみつかるように丁寧に挨拶をしてきます。

4人は、体を鍛えるということだけでなく、ビジネスという形でもご一緒して、世の中に貢献することを1つでも2つでも増やす未来を創っていきます。

面白いきっかけをいただけることに感謝です。

広報は大切なお仕事

20171107

ゲーム会社のアイドル社長と、ぶっ飛んだデザイン会社の女性と、ゴツい名字の広報の女性と食事をしました。

会の目的は、今後ゲーム会社のアイドル社長とゴツい名字の広報の女性が、お仕事を進めていくために親睦を深めるというものでした。黒ずくめの男(私)は、二人をおつなぎさせてもらった人間だったので、お食事会にお邪魔させてもらいました。

親睦を深めるということで、お互い最初は探り探りな感じでしたが、口火を切ったのはぶっ飛んだデザイン会社の女性。アルファブロガーの人達と仲良くなりたいので、ぶっ飛んだネタをブログでやろう!ということで、自身の生活をそのまま1年間ずっと動画配信し続け、一発で有名になってしまった話や、自分のGPS情報を公開して、近くにいた時に時間があれば、その時間をレンタルできる24時間人間レンタルをやってみた話など、いきなり濃すぎる内容。それにつられて他のメンバーも暴露系多めで大変盛り上がりました。

自身の吐瀉物を髪に付けたまま旦那を殴った話とか、最近の男子は情報はいっぱい持ってるけど、怖くて女子と手もつないだことが無いとか、黒ずくめの男がアウトレイジに出てきそうだとか。いつの間にか終電の時間になっていました。

きっかけを作らせてもらって、ありがとうございます。今後、面白い素敵なお仕事になることを強く願っています。