IT参謀とは

この記事はIT参謀を目指す方向けに書いています。

IT参謀とは、冷泉の造語で
ITに関する様々な課題を顧客と一緒に解決する役割を指します。

多くの中小企業はIT担当者を雇用することが難しいです。
コストの問題もありますし、どうなるか分からないし
そもそも採用しようにも、どんなスキルの人を雇用すべきかも
わからないというのが本音です。

そこでIT参謀はITに関するサポートをします。
顧客に深く入る場合は、コンサルタントとして
浅くで良い場合は、サポーターとして

コンサルタントという言葉が好きじゃない方も
いらっしゃいますので、IT参謀という名前を使っています。
浅く入らせてもらう場合は、IT相談窓口という名前で
対面ではなく、チャットメッセージによるサポートも
おこなっています。

顧客に合わせて柔軟に対応しています。

顧客からすると、高い採用コスト、給料を
支払わなくても、同じかそれ以上の効果を得られる。
というメリットが得られます。

ITの世界は広く、専門性は深いため
範囲を指定していて
[コミュニケーションと実務のクラウド化] に
絞っています。

そのため、ネットワーク、ハード、開発、高度なセキュリティとなると
プロのパートナーの方に頼らせてもらっています。
業務にすぐインパクトが出て、かつ便利なクラウドツールが
多々存在するコミュニケーションと実務に絞り
ツールもチャットワークとG Suiteをメインにしています。
一番コストパフォーマンスが高い使い方を私が知っているためです。
チャットワークとG Suiteをこう使えば、この高いサービスを
やめれますよ?ということがよくあります。

話が長くなりましたが
IT参謀とは、様々な業種業態規模に関わらず
顧客に寄り添い、課題の解決を手伝う特殊部隊といえます。

【IT参謀】ITコンサルタント・IT活用サポートの仕事をご一緒しましょう