生い立ち 高校時代「転機」

高校生活の後半で、冷泉の人生を大きく変える転機がありました。

それは、左手の手の平を餃子が1個入るぐらいガラス瓶で切ってしまったことです。餃子が1個入るぐらいなので、手の中の骨とか、変な筋みたいなのが見えてて、2本の内1本の動脈も切れて、太い神経も切れてしまいました。鼓動に合わせて、手の平から血が吹き出し、あっという間に冷泉の周りは血の池みたいになりました。

出血多量で気絶したのですが、目が覚めたら救急車の中でした。その日は、救急病院で動脈を縫って閉じ、医者から、左手を動かせる可能性はゼロに近いということと、親指だけ残して後は腐ってしまうから切り捨てる可能性もある。という恐ろしい話を聞かされました。

次の日からは、大きな病院に移り、手の神経の専門医にお世話になることになりました。

その先生が、本当に一生懸命に治そうとしてくださるのです。ただ、当時の冷泉には、なぜ人のために特にこんな人様に迷惑を掛けてばかりだった人間に、一生懸命に良くしてくれるのかが理解できませんでした。

先生のそのスタンスは、1ヶ月経っても2ヶ月経っても、まったく変わりませんでした。他人である冷泉のために一生懸命に治してくださるのです。

すると、だんだん冷泉の心が変わってきました。何か暖かいものが心に芽生えました。素直な気持ちで
「自分も、もし人のために何かできるなら、やらせてもらいたい」
という思いが生まれて初めて出てきました。

「ところで、どうすれば人の役に立てるのだろう?」
色々考え悩んだ末に、それまでクラブのフライヤー(チラシ)作りを人に頼まれたりして、作っていて面白かったので、本気でコンピューターを学ぼうと志しました。コンピューターは、いろんなことが出来るし、本気で勉強すれば、様々な場面で人の役に立てるのではないかと考え「IT」だけは遊ぶ時間を削って、寝る時間を削って、高校卒業の後はコンピューターの学校に通い、死に物狂いで勉強しました。

それからは人生が大きく好転していきました。

専門学校時代へ続く

生い立ち 高校時代

冷泉は、二度と一人ぼっちになりたくないので、高校時代は、中学時代の反省を活かして、自分と仲良くしてくれる方と積極的に交流しました。

恐い先輩たちにも気に入ってもらえて、週末は頻繁にクラブに行って夜遊びばかりしていました。

高校では自分からケンカを売ることはなかったので、自分が直接手を出したことは無く、逆に止める係でした。限度を知らない仲間ばかりだったので必死で止めていました。バトルの中で、漫画みたいに歯が飛んでいくのを何度も見ました。

中学校の時と違うのは、相手の体も完成しているということです。数が多いほうが圧倒的に強い。

ある日、暴走族にしつこく付きまとわれていた女の子から、助けて欲しいと言われて助けに行ったことがあるのですが、相手が10人以上いました。こちらはもちろん一人です。
「これはヤバいなぁ」と思いましたが覚悟を決めて、女の子が嫌がっているから二度と付きまとうんじゃない。ということを伝えると、容赦なくいろんな角度から蹴りやパンチが飛んできた。

下手に応戦して、刺されたりするのは勘弁なので、おとなしく殴られていました。冷泉は殴られることには慣れていて、次第に
「なんでコイツ倒れないの?」「なんでやろ、気持ち悪い・・・」など、暴走族たちの話し声が聞こえてきた。

そろそろやめてくれるかな。と思ったのですが、それは甘い考えで、最後は押さえつけられて、顔をサッカーボールみたいに何回も蹴られて、口と鼻はもちろん、耳から血が出るまで蹴られました。(今思うと、鍛えてない人間にやったら死亡の可能性もありそう…)

で、やっと蹴られ終わりまして。。。

その後は暴走族たちに、なんでそんなに打たれ強いのか?うちのチームに入らないか?など色々言われたのですが、女の子に付きまとっていた本人が
「お前みたいな気持ち悪いやつが近くにいるなら、あの女にはもう何もしねぇよ!」
と、言ってくれたので
「絶対やな?」
「あぁ!絶対だ!」
確認を取って、さっさと家に帰りました。

次の日、母の悲鳴で起きました。布団から顔だけ出てて、その顔が血だらけでパンパンに腫れていたので、死んでいると思ったそうです。お母さんごめんなさい。そんな高校時代。。。

高校時代「転機」へ続く

生い立ち 中学校時代

中学校時代は、喧嘩ばかりだったように思います。

小学校の頃の「見返してやる!」という反骨精神ではなく、自己顕示欲に変わってしまっていて、自ら衝突を好むようなバカになっていました。

違う小学校からの新たな同級生とも、廊下ですれ違うだけで因縁を付けて喧嘩をして、それを懲らしめようとする上級生とも、頻繁に衝突を繰り返す日々。

上級生が7人掛かりで倒そうとしてきても、中学の時って、まだまだ体が完成してないから、体力に凄い差があるのですね(冷泉は、中2で175cmありました)7人の結果はご想像にお任せします。

ただ、この時期、冷泉の周りには、誰も人がいなくなりました。

たむろするのが嫌いだったので、不良の子たちとも馴染めず、不良たちがヤンキー座りをしているところを踏み潰しながら歩いたり。真面目な子も、普通の子も、不良の子も、みんな冷泉をただ白い目で見るだけになりました。

本当にバカだったなぁと思います。

結果、冷泉は遊ぶ友達がいないので、全ての自由時間を日本拳法に投入しました。血尿が出ても練習を止めずに木に向かってパンチを打ち続けていました。

自分が悪かったのは分かっているのですが、この時期は本当に寂しかったです。多分トラウマになっていまして、おかげで今も、とっても寂しがり屋です。そんな中学校時代。。。

高校時代へ続く

生い立ち 小学校時代

小学校2年の頃は、転入生ということでいじめられっ子でした。

みんなに押さえつけられて、顔を蹴られて、両方の鼻から血が吹き出す。自転車に乗ろうとしたら、タイヤもサドルもカッターでギタギタに切られてる。遠いところや建物の中からゴミを投げつけられる。そんなことが頻繁にあって、その時は、とっても腹が立って、ただただいつか見返してやりたいと思っていました。

小学校4年生のある日、父が
「ワシの友達が拳法の先生なんだが、お前、拳法やってみるか?」
と話しかけてくれました。日本拳法という、殴る蹴るは当たり前で、投げ飛ばす、踏み潰す、関節技、絞め技がある総合格闘技でした。

即答で行くことにしました。

それからは、狂ったように日本拳法にのめり込みました。見返してやりたい!これで見返してやれる!今思えば、そんなことに拳法を使ったらダメなのですが、その頃は、いじめっ子たちを張り倒すことしか考えていませんでした。

みるみる強くなって、4年生の時点で同級生にいじめられることは無くなりました。ですが、今度は1つ上、2つ上の学年に目を付けられるようになりました。もちろん自分にも何かしらの原因があったのだと思いますが、なぜ目を付けられたのか分かりません。とにかく、ガタイのいい上級生が「生意気だ」「いいから殴らせろ」と言って、喧嘩を仕掛けてくるのです。

日本拳法は、スポーツとは違って相手を壊すための専門技術なので、本気で取り組めば凶器になります。喧嘩を仕掛けてきた上級生は、タンコブだらけになって、地面に転がって動かなくなる子ばかりでした。そんな小学校時代。。。

中学校時代へ続く